maro-maro78

記事一覧(50)

今でも助産師です(^^;)

先日患者さんのお母さまから衝撃的発言がありました!勤務助産師時代のことが話題になった時のことです。お母さまから「昔は助産婦さんやっておられたんですね~!」(全く悪気はなく意地悪で言っているのでもないのです。病院やクリニックでほとんどの方がお産するのでこういう感覚の方が時々いらっやいます)いえいえ、今でも助産師です…。助産師って以前から書いていますが,多くの方がお産の介助をする人又は産科施設に勤務している看護職全員を指しているのだと思っているのです。前にも書きましたが、産科施設の看護職は助産師、看護師、准看護師、看護助手などがあります。大学病院や一部の総合病院ではネームプレートに職種が明記されていますが、開業もふくめ多くの病院やクリニックでは職種は明記されていないので看護職全部が助産師と思っても仕方ないのですが…。それから時々「助産院は保険がきかないからお金を沢山払わないといけないよね」と言われますが乳房マッサージや産褥入院などは産科施設でも保険は適応されません。当院に来院される患者さんの多くが「こんなことは誰も教えてくれなかった」とおっしゃいます。たぶん入院中の事だと思うのですがちょっとした授乳のコツやは産科施設ではそこまでお話する時間が無いのです。かなり母乳育児支援に力をいれているところでも何人もの患者さんを担当しながらのきめ細かい援助には限界があるのが事実です。できればかかりつけのマイ助産師を見つけてなんでもお話できるようにしておく方が育児中は安心だと思います。今はネット検索でなんでも調べられますがいろいろな意見で迷うことが多いようです。なんでも相談できる助産師がいると案外心強いですよ

私も神の子、あなたも神の子

なんだかスピリチュアルというか宗教的な内容のような感じですが違います。この言葉は斎藤一人さんという社長がおっしゃている言葉ですが、私はとても良い言葉だと思います。自分も尊重し相手も尊重する善い言葉です。好きな相手、気の合う相手は誰でも尊重できますね。でも嫌いな相手は尊重できません。私は人間が非常に小さいので好き嫌いが激しいのです。若いころは「あなたは好き嫌いがはっきりと顔や態度に出るね」と言われていました。最近は歳を取ったせいかこの言葉を知ったせいか「エ~ッ!麻田さんって嫌いな人がいるのぉ‼」と言われるようになりました。正直言って「嫌いなヤツ」はいます。「鬱陶しくてあったり話したくないヤツ」もいます。たぶん私がこう思っているので相手も私のことが嫌いだったり鬱陶しいと思っているでしょう。そういう人からは極力逃げます。でもどうしてもあったり話したりしなければならない時は会ったり話したりする前に「私も神の子、あの人も神の子」と唱えてから会うことにしています。あっているときも「私も神の子、あなたも神の子」と思うようにしています。相手を尊重すると自分と違う意見でも「あ~、そうか…。そういう意見もあるのね」と思えるのです。日本人は八百万の神の国に生まれたのです。私のことを子供のように愛して守ってくださる神様がいらっしゃるでしょう。同じように私が嫌っている人の事を愛し守ってくださっている神様がいらっしゃると思います。私が「嫌いだから」という理由でその人の事をあからさまに否定することは相手を守ってくださっている神様を否定することになると思います。そう思えば小さな諍いを起こす心が無くなります。私の助産院のみこともの「みこ」は赤ちゃんは神子や御子という想いをこめています。よろしければ「ウィメンズサポートみことも」のホームページの「助産院を”みことも”にした想い」を読んでいただければ嬉しいです

ちょっと自慢していいですか?

助産師のことを英語でなんて言うか知っていますか?midwifeですね。「そんなこと知ってるよ」と思う方がほとんどでしょう。私は非常に素直な性格(?)なので助産師のことを英語でmidwifeと表現することに若いころは何の疑問もありませんでした。若いころというよりつい最近までです。でも考えたら【mid】って〖中間の〗とか〖中央の〗等なんだか真ん中みたいな意味ですね。【wife】って〖妻〗を指しますね。「真ん中の妻」って変ですね。これは現代英語で考えるからです。私みたいな疑問を持ってる人はいないのかな?と思い検索しました。いましたよ~、同類が…(*^▽^*)現代英語で考えると?と思いますが、古語で調べると合点がいきます。midは現代語のwithと同じです。古語のwifeは「女」という意味で使われていたらしいです、womanですね。なので現代英語で考えるとwithwomanということになるのでしょうか。withは「~とともに」、womanは「女性」なので「女性と共に」ということになります。昔から助産師は「女性とともに」にいる職業なのです。 昔日本ではお産の介助をする人を「小安婆」や「産婆」といっていました。確かにそういう職業からだんだん法改正で助産婦になり助産師という名称に変わってきました。しかし今は助産師の仕事は多岐にわたります。助産師は分娩介助するだけが仕事ではありません。女性の一生に寄り添うことが仕事なのです。 ちなみに当院の名称は「ウィメンズサポートみことも」なのですがあえて「ウィメンズサポート」と入れたのは「年齢にかかわらず女性に寄り添いたい」と思ったからです。そう更年期になって「何となく体調がすぐれないけど病院に行くほどでもない。でも誰かにこのことをわかってもらいたい」という女性もいると思います。また新米おばあちゃの中には「私たちの時とは育児方法が違うからどう手助けをしていいか…」と思う方もいます。妊産褥婦だけでは無くあらゆる世代の女性のサポートをしていきたいのです。 助産師なので当たり前かもしれませんがmidwifeの意味(女性とともに)を意識せず助産院の名称に入れていたことが最近のちょっとした自慢です(自画自賛(^^ゞ) なぜ助産院の名称を「ウィメンズサポートみことも」にしたのか、その思いは当院のホームページ(https://mikotomo-midwife.amebaownd.com)に書いてありますのでよろしければご参照ください<m(__)m>〖お知らせ〗もうすぐゴールデンウィーク、そう今年は10連休の方も多いと思います。当院はゴールデンウィーク中も通常営業の予定です。ゴールデンウィークを利用して帰省した方も乳房トラブルがあったり、実家にいる間に卒乳・断乳を考えている方お気軽にご来院ください。完全予約制ですので事前にお電話をお願いします。当日でもかまいません。

助産師の業務

先日友人が来た時に「准助産師」について聞かれました。「准看護師があるのだから准助産師もできたのかナ」と思ったのかもしれません。日本では法的には”准助産師”は存在しません。産婦人科医師会が独自に作っている制度らしいです(以前は産科看護師と称していました)。私の勤務した産婦人科病院やクリニックでも助産師以外が内診や分娩介助をしてるところがありました。助産師の私としては摩訶不思議な世界ですが、まあだいたいそういうところは医者が必ず早くから分娩時はいたので法律の「医師の監督指導の下」という部分の拡大解釈だと思うのですが…。しかし、「医師の監督指導の下」は緊急避難措置の場合のみの話ではないでしょうか。私は助産師なので准助産師と称している人がどういう教育を受けているのかはわかりませんし、ネット検索もしてみましたがヒットしませんでした。以前に勤務した個人の産婦人科病院に勤務した時に絶対に分娩介助や内診をしない准看護師(産科看護師の勉強はしている人)から「お昼から何か月か勉強してきただけ。お産なんて怖くて分娩介助なんてできないよ」と教えてもらいました。法的には看護職では助産師しか分娩介助はできません(しかも”正常分娩に限り”です)。内診も助産師しかできません、なぜかというとそれは診察であり分娩介助の診断の一部、だからです。しかも正常から逸脱していればその時点から助産師は内診できません。医師の診察の範疇だからです。ただ日本は「医師の監督指導の下で」という一文の下なんでもOKになります。助産というと「新生児が母体から出てくる時だけ」ととらわれがちですが、妊娠中から始まります。どういう事かというと正常な妊娠経過を過ごし正常分娩ができるように妊産婦さんを助けることだからです。ネット検索をすると「内診も分娩介助も安全な分娩が保障されれば看護師がやってもいいのでは?」とか「保健師助産師看護師法で助産師の業務として記載されていない沐浴をしているのは違法では?」などと助産師の私としては「ン、変!」と思う意見が多く出てきます。ほとんどが医師や医学的には素人(的確な表現ではないですがこの表現しか思い浮かびません)の意見です。ちょっと反論させていただくと、助産師はきちんと一年間以上の勉強をして国家試験に合格し国家資格を持っているのです。「医師の監督の下で」看護師や准看護師が分娩介助をしても良いのなら極論かもしれませんが眼科医でも耳鼻科医でも医師がいればいいということになります。医師免許があるので良いのかもしれませんが、お産がすんで自分のお産が「産科医ではない医師と助産師ではない人が介助した」とわかった場合はどうでしょう?異常分娩になった場合はどうでしょう?産科医ではない医師が適切な指示を出せるでしょうか?助産師の沐浴などですが、助産師は看護師の資格を持っています。というか、保助看法の第一章総則第二章 免許第7条2に「助産師になろうとする者は、助産師国家試験及び看護師国家資格に合格し、厚生労働大臣の免許を受けなければならない」と規定されています。確かに同法第一章第3条には“この法律において″「助産師」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、助産又は妊婦、じょく婦若しくは新生児の保健指導を行うことを業とする女子をいう。”と規定されています。助産師という狭い法的解釈から言えば助産師は新生児の看護も世話もじょく婦さんのお世話や観察はできません。でも看護師免許があるのですから同法第一章第5条“この法律において「看護師」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者若しくはじょく婦に対する療養上の世話又は診療の補助を行うことを業とする者をいう”と規定されている看護師の業務ができるのです。助産師が看護師より優れているとか立場が上だとか言っているのではありません。助産師はきちんとした教育を受けた助産のプロであることとそのことに誇りをもって仕事をしているということを言いたいのです。私も勤務助産師をしているときは随分看護師さんたちの観察眼に助けられてきました。看護師さんたちの観察眼はすごいと思います。私たち助産師も産婦さんの声やお尻へあてた手への感覚などでも判断しますが産科に長く勤務している看護師さんからのお産の進行状況の情報は間違いないことが多いですね。

もっと子育てがしやすい社会にしたいものです

このブログをよんでくださっている方の中には去年の1月に豊田市で起きた三つ子のうちの次男が死に至った事件を覚えている方があるでしょうか?私はあの事件を「虐待死」とは言いたくないのです。あのお母さんは本当に疲弊していたと思うのです。誰にも頼れず育児を頑張ってしまったのです。1人の育児でも大変です。私の第一子を妊娠中に母が「子供が泣き続けたりするとね、この子がいなかったらどんなに楽だろうって思うこともあるしね、泣いている子供の顔に座布団押し当てたくなることもあるよ。でもそれを踏みとどまって、あとから寝顔見てかわいいなと思えるようだったら子供は育てらる」といっていました。私の実家は父がとても家庭的で良く家事も手伝っていたのですが あまりにも泣き止まない子供に対してこういう感情は起るのです。私も下の子がクループで入院した時泣き止まず思わず「うるさいなあ」と言ってしまったことがあります。1人の育児でさえ大変なのです。それが3つ子となるとどんなに大変だったでしょう。11ヶ月もよく頑張ったと思います新聞の中には「夫も両親も行政にも頼れず…」と見出しを付けたところもあるようですが、ご主人は育児休暇を取っていたようです。 ご主人もきっとこのお母さんの育児の大変さを感じていたのだから全く協力してないとは言い切れません。私が思うには会社や行政の頼りなさです。会社に申請すれば時短勤務ができるとか、行政も夫婦が望むならベビーシッターの派遣をする等育児が過重な負担にならないように動く部署を作るとかしなければいけません。 私の知り合いの人は重症の産後鬱で子供さんを両親等に預けて治療に専念したそうです。でもそういう状況に持っていくようにアドバイスをしたのは保健師さんのようでした。ただ保健師さんが動いてくれたのか否かはわかりませんが…。この方の場合はご主人のご両親との関係が良好で、ご主人もとても優しい方なので、もしかしたらご主人がいろいろ動いていたのかもしれません。 時短勤務は男女問わず取得できますが、母親が取得するケースはありますが父親も取得する割合は少ないようです。こういう法的なことは本来自分で調べることなのでしょうが案外当事者は知らなかったり言い出しにくいようです。人事課とか総務課とかが事前に男性社員にも知らせておくべきなのです。そして育休取得や時短勤務がしやすい会社にしなければいけないと思うのです。また社会全体が「家事育児は女の仕事!」という風潮から「家事育児は全員で」という風潮になればいいですね。政府は「女性が輝く」ことを良しとしていますが「家事も女性、育児も女性、そして男並みに働いて」となると疲れてしまい輝くどころかしぼんでしまいます。輝くための支援が抜けているのに輝く女性になれというのは無理でしょ! 現代はネットでいろいろなことを検索できます。でも育児のこととなると本当にいろいろな情報がネット上に上がっています。当助産院に来る方は乳房マッサージの施術中にちょっとした育児相談をしていくことが多いのですが「ネット検索すると情報がありすぎて…。検索するより麻田さんに聞こうと思って検索するのはやめました」とよく言われます。こういう風に気軽に相談できる場所のある方はいいのですが、誰にも相談できず孤育てになっている方もいるのです。子供は社会の宝です。そしてその子供を産むのは女性しかできません。女性が命を懸けて産んだ子供たちがすくすくと育つ環境を作っていきたいものです。ここで・・・当院のPRウィメンズサポートみこともは育児コンサルタントも行います。ただ、お電話やメールパパやママの性格や考え方がわかりませんので、コンサルタントの初回は必ずご来院をお願いしております。また必要に応じてご来院をお願いすることもあります。時間は初回は3時間以上、次からは2時間以上かかります。ご了承くださいそれから「もう少し暖かくなったらイベントも…」と企んでおります・お知らせしますのでお近くの方はぜひ参加してくださいね

少子化対策は保育所の充実や働き方の改革だけで大丈夫?

少子化対策と言えばすぐに保育園の入園待ちが話題になるような…。確かに保育園に入らなければ働けないのが今の日本の社会、父親が育児休業を取るのはまだまだ少ないようです。しかも保育園入園できたとしても職場や自宅から離れている保育園になることもあるようです。そうなるとママは働きたいけど「もう一年待つか」ということになるのです。そもそも、どうして会社が自分の社内に保育所を作らないのでしょう?国はそういう考え方で各企業に働きかけているのでしょうか。それとも「そんなことは市や町・村のすること」と思っているのでしょうか。そして私が一番危惧することは子育てが❝孤育て❞になることです。保育園入園前の最低一年間は育児休業を取る方が多いと思います。最近「この人、子育てをなめたまま子供産んだんだ」と思うケースが何例かありましたし、反対に子育てにまじめになりすぎて「子供は一人でいいです」という方も…。ただどちらのパターンも妊娠前、妊娠中に育児や赤ちゃんに関する情報が少なすぎたのではないでしょうか?「赤ちゃんってお腹がすいたりオムツが濡れた時だけ泣いて、満腹になったりオムツを変えるとただひたすら可愛い顔してスヤスヤ眠ってる」と思っていると お産が済んで大きな思い違いに気づきます。そして「うちの子はよく泣く」と考えてしまいます。赤ちゃんって大概の子はよく泣きます。泣かない赤ちゃんって怖いです。泣かないのではなく泣けないのかもしれませんし、”泣き”とは赤ちゃんの言葉なのです。「暑いよ~」「寂しいよ~」「不安だからお母さん抱っこして~」などと泣いているのです。そして育児にまじめすぎる方は《完璧な母》を自分に求めているのです。でも”完璧な人間”なんていませんよね?子供が男と女を父親、母親にしていくのです。なので完璧さを自分に求めなくていいのです。会社に入りたての頃に先輩に指導なしでバリバリ仕事をこなせていましたか?初めての育児はいつになっても父親母親の新人時代なのです。こういう事を今はなかなか教えてくれる人はいません。コミュニティで子供をそだてている時代はおせっかいやきの子育てを終わった女性がいろいろと教えてくれました。ところが今はそういう人が少なくなりました。「聞かれれば答えるけど、聞かれないから教えない」風潮があるようです。こういう時代だからこそ助産師の出番だと思います。助産師は妊娠出産、子育ての指導のプロなのです。そしてお産の介助のプロなのです。お産後すぐに子育てに関して相談できる場所はとても大切です。最近はマタニィティ・ブルーどころか産後鬱も増えてきているようです。「こんなはずではなかった!」と思う前にかかりつけ助産院を見つけておくことも必要だと思います。案外近くに助産師はいますよ、ネット検索すればすぐに出てきます。個人のできること以外に企業ができることは子育て世代の在宅ワークの充実や時短勤務、社内保育所の完備などもありますが積極的に開業助産師の活用をしてはどうでしょうか?市や町村としては病院やクリニック、歯科医院の情報ばかりでなく助産院、鍼灸院などの情報も広報などで取り上げるとよいのではないかと思います。「子供は欲しいと思っていたけどこんなに大変なら子供は一人でいい}と思わせるより「子育てって大変なこともあるけど、子供がいると楽しいし産んでよかっと思うからたくさん子供が欲しい」と女性が思えるような社会を作っていかなければ…。

「助産師になってよかったぁ」と思うとき

久々のブログ更新!年末年始はなんだか気ぜわしいですね。昨日、退院したその日からケアをしてきた患者さんが赤ちゃんを連れて助産院に来てくれました。しかも寒い季節なのに…。感激です!早いもので4か月児になっていました。初産の方でケアを始めた時はとてもぎこちなく可愛いママでしたが今では立派なママをしています。何がぎこちないかというと授乳全てです。完全母乳で育てたいわけではなく母乳中心の混合でもいいと思っていた方です(日本の新米ママはこういう方が結構いらっしゃる)患者さんの実母さまからの電話で「娘の乳頭に傷ができてしまい痛そう…」というご相談でした。以前同じ町内の方で退院した日とは知らずに助産院に来ていただきとても申訳がなかった(私が退院日や分娩日を伺うのを忘れてしまったという完全に私のミス)ので、この方は家が近いこともあり訪問しました。授乳姿勢は全くなっておらず、赤ちゃんの口に乳頭を含ませるタイミングなども全くご存知ではなく自己流でした。ケア後患者さんがおっしゃるにはお産後授乳の仕方がわからずナースコールしたところ「完全母乳で育てたいのでしょう?適当におっぱい飲ませてください」とスタッフに言われたそうです。その後も乳腺炎でケアにうかがったりしましたが、最近は順調のようで安心しました。乳腺炎でクリニックに受診した時縦抱きを教わってきましたが、私から見ると目が点になる縦抱きで当院で速攻指導のし直し。患者さんは「あ、すごく楽に飲ませられる」と…。実母さんも一緒にいらして「私は(母乳が)出なかったから、こんなに母乳で育てられるなんて…」と笑顔で言っていただけました。なんだかいろいろとお話やらケアをした患者さんが完全母乳で育てていけて、わざわざ助産院に来てくださるととても嬉しいですね。勤務助産師の時も私の勤務時間に赤ちゃんを連れて愛に来てくださる方がいらっしゃいましたが、「助産師になってよかった~(*^-^*)」と思う瞬間です。 ※ホームページのトップページを冬バージョンにしました。よかったら見てくださいね(*^_^*)

冷え予防にスリッパ!

寒くなりましたね。私は冷え予防にレッグウォーマーやアンクレットウォーマーの着用とスリッパを履くことをお勧めしていますが、先日ワイドショーで血圧の話に絡めて冷えの話もやっており、やはりスリッパの重要性を放送していました。西洋医学しか信じていない医師は「日本人はなんでも冷えのせいにする。冷えなどはない!」とブログにアップしている方もいます(確かに西洋医学には"冷え‟と‟肩こり”の考え方は無いようです)が本当に冷えや肩こりはないのでしょうか?手足の抹消が冷えて冷たく感じるときって放置しておくと体全体に寒さを感じませんか?私なんぞは歳のせいか三陰交が冷えると三陰交あたりが痛くなり、放置しておくと寒気がしてきます。手足の冷えって末梢血管が収縮するために起こりますね。この収縮ってなかなか改善しないそうです。末梢血管が収縮すると血圧も上がりやすくなります。冷えの予防のためにスリッパを履くことをお話すると「厚手の靴下を履いているからスリッパを履かなくても大丈夫です}という方がいますが、そう思っている方は百円均一ショップのスリッパでいいので購入してスリッパを履いた時と同じくらい床の温度を感じないくらいに靴下を重ね履きしてみてください。相当な枚数の靴下がいりますよ。私は単身赴任したところが雪は少ないのですが冬は結構気温が低いところでした。厚手の靴下を買ってきて履いていましたが、やはり靴下では床の温度を感じます。つまり足の裏全体が冷たいのです。底がしっかりしたスリッパを履くことでその床の冷たさを感じなくなります。❝冷えは万病の元❞ですよ~