助産院を‟みことも”にした思い

「みこ」は神子、御子、巫女

「とも」は共生、共、命共、友

「みこと」は尊、命

の意味があります。


私は「子供は守護天使が神様の愛をいっぱい抱えて生まれ、神の愛と自分の愛をたくさん親に注いでくれる存在」だと

思います。

助産師は神子=守護天使がこの世に舞い降りることを、そしてすくすく育つよう御子の声を聴く巫女だと思っています。

また、その神子(御子)の尊い命と共に我が子をはぐくんで生きていくお母さんの友のように女性のそばで見守るお役目をいただいていると思っています。

それから「妊婦さん、産婦さん、子育て中の方に限らず全ての年代の女性に寄り添えるお仕事ができればなお嬉しいなぁ」

と思い、助産院の名称を「ウィメンズサポートみことも」にしました。

妊婦さんやお産後の方にとってご主人やお母様には

強い味方になっていただきたいと思っています。

ご本人がどういう事を希望しているのか、また当院ではどういうお話をしているのか、ぜひご一緒に聞いてください。

そしてご家族も納得がいくまで話し合いをしてマタニティライフや育児のサポートができるようにしていきましょう