冷え予防

冷えてきました。皆さんは冷え予防対策はしていますか?「冷えは未病」といわれています(○○酒)のCMで昔使ってましたよね、この言葉。

今日はお手軽にできる日予防をお伝えしようかなと思います。

1.アンクレットウォーマーやレッグウォーマーを着用する

 内踝より自分の指で3本くらい上に三陰交というツボがあります。ここはおおきな3本の経絡(気の通り道)があります。ここが冷えると全身冷えてきます。

2.腹巻着用

 腹部のことを”おなか”といいますね。つまり体の真ん中ということだそうです。そしてお腹には大きな臓器がありますね。肝心かなめと言いますが肝腎とも書くのです。そうです大事な臓器の肝、腎がお腹にはあるのです。そして栄養の消化吸収に大切な胃腸があります。人体の中では大きな割合も閉めています。お腹を冷やすことにより大事な臓器のはたらきを弱めてしまいます。

3.スリッパを履く

 「厚手の靴下を履いているから大丈夫!」と思っている方は一度スリッパを履いてみた時と履いてないときの足の冷え方を比べてみてくださいね。随分違うと思いますよ。

4.葛湯、生姜など体を温める食材を撮る

 冬場に生野菜を撮ることは極力控えましょう。それから麦茶もやめましょう。

生野菜は体を冷やします。というか、夏野菜は体を冷やします。麦茶は暑いものを飲んでも体を冷やします。

 私と娘は今 本葛に黒糖生姜粉で葛湯を作って飲んでいます。以前は本葛で葛湯を作るのは面倒だろうと思っていましたが作ってみたら超簡単!ただ安価な葛粉や葛湯は葛100%ではないのでお勧めはしません。

《お詫び》

FBやツイッター、アメブロを見てくださった方はごめんなさい。先ほど「冷え予防第2弾」と題してブログアップしましたがamebaowndではないブログで冷え予防をアップしていたので、第2弾は削除させていただきました。


助産院 ウィメンズサポートみことも

愛知県春日井市岩野町にある「母乳育児と楽しい子育て」を応援している助産院です。 不定休です。 土曜日、日曜日、祝日も営業しています。 また、プライバシー保護のため完全予約制です。 初めて来院される方はまずお電話をおかけください。 妊娠中の保健指導、乳房ケア、産後ケアをしています。卒乳や断乳のご相談もお受けしています 小牧市、犬山市、名古屋市守山区、北名古屋市、尾張旭市にも近いです。

0コメント

  • 1000 / 1000