母乳育児を押し付けていませんか?

以前勤務していた病院で入院していた方が「私は入院中は我慢してミルクは足さないけど、退院したら混合栄養にします。もともとこの地方は産むところが少なくてここで産むことになったんだし、私は完全母乳栄養なんて希望してませんから…」と毅然として(?)おっしゃた。さもありなんなご意見でした。巷ではドラッグストアに行けばいくらでもミルクはありますから…。

私の助産院に断乳目的で来院された患者さんは本当にかわいそうでした。お話をうかがうと当院に来院する前に何軒か とある有名な乳房治療手技をうたっている助産院に相談に行かれたみたいです。「もったいない」といわれたり私がひどいなと思ったのはある助産師から「好きにすれば!」といわれたそうです。まるで「母乳育児しないのなら私は知らない」と突き放しているのと同じです。断乳を思い立ったにはそれなりの理由がありました。クライアントさんの背景など無視して良いのでしょうか?

 確かに母乳に勝るものはないと私も思いますが、「何が何でも母乳ではないとダメ!」と押し付けてはかえって負担になります。

 私たち医療者は母乳育児のことに関して十分な知識を妊娠中からお話して、ご本人に選択していただきましょう。母乳育児を押し付けるのではなく、お産後に「こんなはずじゃなかった」とか「母乳育児したかったのに、できなかった」などとママたちが思わなくてすむような援助が必要なのかなと思います。

 母乳育児を推進している助産師、医師がこのブログを読むと「今更こんなこと言われなくても自分は大丈夫」と思っているかもしれません。でも、自分の言動が母乳哺育を支援するのではなく、押し付けになっていませんか?

助産院 ウィメンズサポートみことも

愛知県春日井市岩野町にある「母乳育児と楽しい子育て」を応援している助産院です。 不定休です。 土曜日、日曜日、祝日も営業しています。 また、プライバシー保護のため完全予約制です。 初めて来院される方はまずお電話をおかけください。 妊娠中の保健指導、乳房ケア、産後ケアをしています。卒乳や断乳のご相談もお受けしています 小牧市、豊山町、犬山市、名古屋市守山区、北名古屋市、尾張旭市にも近いです。

0コメント

  • 1000 / 1000