「母子保健に携わる者としてもっと勉強しようよ!」と思ったこと

最近、患者さんから聞いたことで「もう!またママ泣かせて!!」と思ったことをお話します。

1件目 断乳で来院した患者さんからの情報

「お産後2年近く完全母乳で育児してきた。もちろん、食事は乳児食でおっぱいは就眠儀式みたいな感じで寝つくときにおっぱいを欲しがる。第2子をそろそろ妊娠したいが生理が来ない。断乳して生理が来るようにしたい。ここに来る前にほかの助産院に電話で相談したら『おっぱいは2歳まではあげていい。断乳すると子供にストレスがかかり子供にトラウマを残すことになるし、子供のメンタル面に大きな影響を及ぼしかねない』といわれた。お産したクリニックは母乳外来があり、母乳に関して熱心なのかと思いそこで産んだが、違っていた。入院中はミルクを足されてあまり母乳育児については指導がなかったので退院後助産院に通った。私自身もできれば卒乳という形が良かったが、次の妊娠のことがあるので断乳に踏み切ろうと思った。断乳か卒乳かで揺らいでいるのも事実。」等当院に電話してくるまでの経緯を話しながら「断乳すると子供がぐれたりしますか?私のことを嫌いになりますか?子供に嫌われたらどうしよう…」と涙が出ていました。

この患者さんにも話したのですが有名な乳房治療手技の所では1歳になったら断乳します。産婦人科医によっては授乳中に次の妊娠がわかると流産予防で即刻断乳させます。

でも、あの有名な乳房治療手技を行う助産師の指導を受けたママの子供さんや医師の指示で断乳した患者さんの子供さんは今までに随分存在するのに問題にはなっていませんね。なぜならば、断乳したから、子供にトラウマが発生しメンタル面でおかしくなることなどないのです。断乳する時の子供さんへの対応やその後の育児態度が間違ってなければ大丈夫です。

2件目 完全母乳育児で一日当たりの赤ちゃんの体重増加が50g以上あった患者さんからの情報

だいたいどこの自治体で新生児訪問を実施しています。当院に乳腺炎で治療を受けている患者さんがこの新生児訪問の時に訪問した助産師から「体重が増えすぎています。回数を減らしてください」といわれたそうです。この患者さんは「そんなことしたら私のおっぱいが大変なことになっちゃう!と思ってそのまま授乳してます」といっていました。それでいいのです。完全母乳哺育の赤ちゃんは動き出すとスーッとスリムになります。

 ネット検索したらまあ出てくる!出てくる!同じような指導を受けていた話が…。中には「『一日1回ミルクにしましょう』といわれ、ミルクにしたら確かに体重増加が落ち着いた」という書き込みまでありました(@ ̄□ ̄@;)!!「母乳が良く出ているのにミルクを買わせる?不必要な余分な支出を若い人にさせても平気なんだ!」と思います。

だいたいこういう指導をする医療従事者は「赤ちゃんの一日当たりの体重増加は30gか30g強」という変な30g信仰があるのです。笑止!笑止!です。完母で育つ子と混合栄養や完全ミルクの子と一緒に考えているのです。お母さんの母乳と牛の母乳を加工したものの違いが判ってないのです。

いいですか?牛乳というのは牛の赤ちゃんのための牛の母乳なのです。いくら加工がしてあるとはいえ異種たんぱくなのです。だから消化が悪く腹持ちがいいのです。、

医療従事者でなければ、医療従事者なら何でも知っていると思っています。全ての医療従事者がそんなに多岐にわたって深く知識を持たなくてもいいとは思いますが、母子保健にかかわっている保健師、助産師、看護師、医師はもっと完全母乳育児や母乳について勉強してからママさん特に初産婦さんには接してほしいと思います。なぜなら、完全母乳育児をしているママに間違えた知識を与え、ここでも挙げているように不必要な出費をさせたり、ママを泣かせたりするのです。

助産院 ウィメンズサポートみことも

愛知県春日井市岩野町にある「母乳育児と楽しい子育て」を応援している助産院です。 不定休です。 土曜日、日曜日、祝日も営業しています。 また、プライバシー保護のため完全予約制です。 初めて来院される方はまずお電話をおかけください。 妊娠中の保健指導、乳房ケア、産後ケアをしています。卒乳や断乳のご相談もお受けしています 小牧市、犬山市、名古屋市守山区、北名古屋市、尾張旭市にも近いです。

0コメント

  • 1000 / 1000