助産師の仕事

助産師って”赤やんをとり上げる(分娩介助)人”というイメージが強いと思いますが、私たち助産師は分娩介助だけやっているわけではありません。お産後のケアもしていきます。もちろんクリニックや病院に勤務していれば妊婦さんのお世話もしますし、マザークラスの運営、婦人科の患者さんの看護、外来では医師の診療介助、助産師外来などもやります。開業助産師は医師の診療の介助、異常妊娠の管理、婦人科疾患の看護はありませんが業務はたくさんあります。開業助産師の業務は後日説明したいと思います。

 

産後ケアって言うは易しですが、多岐にわたっています。言葉で言うと本当に簡単なのですが、個人レベルに合わせなくてはいけないのです。例えば、乳房管理は時間とともに乳房状態は変化します。その状態に合わせてケアしていかなければいけません。そして、ママの母乳や育児に関する考え方に合わせて援助をすることになります。入院中に明日は退院という日に、しかもおっぱいは張っているのに「明日から子供二人を見ていかなければいけないので今夜は預かってください」という方がいます。私からすれば「今夜ママと二人きりで過ごせる最後の夜なのに」「おっぱいが夜中にパンパンになってしまうから今夜も同室の方がいいのに」などと思いますが、クリニックが母乳育児支援を一応謳ってはいるが実はあまり母乳育児支援に力を入れていないところは仕方がないのでお預かりします。母乳育児を希望しているママならば頑張りすぎないように、こちらから「疲れたらいつでも2時間くらいはお預かりしますよ」と声をかけ、できる限りお部屋訪問します。退院指導もとおり一遍パンフレットに書いてあることを読めばよいというわけではありません。年齢、経産婦か初産婦か、実家に帰るのか自宅に帰るのか、お手伝いしてくれる人がいるのかどうか、お手伝いしてくれる人は誰なのかを聞きながらその人の退院後の生活に合わせたお話をしていきます。そして問題が発見できれば保健所に連絡を入れます。

私のようにお産を扱っていない開業助産師であればだいたい患者さんに初めておめにかかるのは乳房トラブルが出てきてからです。例えば乳腺炎の症状が出たり、乳汁分泌不足を感じたり…。問診や乳房ケアをしながら、生活上の問題点を探りその改善点をお話したり、授乳状態を見ておかしなところは改善します。

このように助産師の仕事は個人に合わせたきめ細かいケアが必要です。

助産院 ウィメンズサポートみことも

愛知県春日井市岩野町にある「母乳育児と楽しい子育て」を応援している助産院です。 不定休です。 土曜日、日曜日、祝日も営業しています。 また、プライバシー保護のため完全予約制です。 初めて来院される方はまずお電話をおかけください。 妊娠中の保健指導、乳房ケア、産後ケアをしています。卒乳や断乳のご相談もお受けしています 小牧市、豊山町、犬山市、名古屋市守山区、北名古屋市、尾張旭市にも近いです。

0コメント

  • 1000 / 1000